うぇぶさくらの導入事例

手書きからシステム管理へ。無線環境での出席管理

社会福祉法人 育和白鷺学園
育和白鷺学園
園長 寺田 修
一覧へ戻る
社会福祉法人 育和白鷺学園
育和白鷺学園
園長 寺田 修

SAKURAシステムを導入したきっかけは、出席管理・在園状況把握・延長保育の管理を行う事が目的でした。当初SAKURAシステムの営業さんが来て、総合園児管理システムの話を聞き、私と保育士が集まりその中でシステム紹介をして頂きました。その後、園内会議の中で話し合いをしましたが、即導入という事はありませんでした。

育和白鷺学園育和白鷺学園では保育士の意見を尊重し、今までの手書きからシステム管理を行うにあたり、難しそう、現場の保育で手一杯なのにこれ以上は大変、、、等の反対意見が多く、導入を試みようと思いましたがしばらく様子をみておりました。

しかしその中で、日々保育を充実させる為の時間を作る事、そして今後の園としての管理を考えた際に、再度保育士と園内会議を重ねた結果、SAKURAシステムを導入する事を決意しました。

育和白鷺学園導入後大変だった事は、これまでの登降園の流れが変わる為保護者への説明、そして園内行き届いていないネットワーク対応でした。しかしながら、SAKURAシステムの担当の方がタッチパネル1人当たりにかかる時間を保育士と一緒になって計測したり、設置場所を一緒に考える中で状況把握を1つ1つ理解していく事が出来た為、スムーズに物事は運んだように感じました。

ネットワークの問題としては、環境工事をSAKURAシステムさんにお願いし、園内どこにいてもネットワークを使用できる環境へと変わりました。また、園独自の仕様に合わせた帳票等のカスタマイズも開発元であるSAKURAシステムさんと話す中で満足いくものが仕上がりました。

その中で、出席管理、現在園に園児が何名残っているか?等現状把握を現在時刻で即座に把握する事ができるようになりました。

育和白鷺学園またSAKURAシステムさんの担当外ではありますが、これまで使用していた別のパソコンの調子が悪い時に状況を話しても確実な答えが返ってくるのも嬉しく思います。

まだSAKURAシステムを使い始めたばかりで出席管理をメインとして使用していますが、少しずつ時間とともに出来る事を増やし、保育士と供に園児にとって最高の環境に近づけていきたいと思います。

一覧へ戻る

導入事例

手書きからシステム管理へ。無線環境での出席管理
社会福祉法人 育和白鷺学園
育和白鷺学園
園長 寺田 修
園児の保育により一層力を入れる事が可能になりました
藤保育園
社会福祉法人 幸聖福祉会
藤 保育園
園長 森 宇多子
保育計画・個別指導計画等の管理効果が高まりました
粉浜学園 園長星乃隆志様
社会福祉法人 粉浜学園
粉浜学園
園長 星乃 隆志
園児管理・諸費請求徴収業務の軽減が実現しました
社会福祉法人 豊中福祉会
条南保育園/ポレじょうなん
園長 植野
© 2019 estem, Inc.
資料請求・お問い合わせ