うぇぶさくらの導入事例

園児の保育により一層力を入れる事が可能になりました

社会福祉法人 幸聖福祉会
藤 保育園
園長 森 宇多子
一覧へ戻る
藤保育園
社会福祉法人 幸聖福祉会
藤 保育園
園長 森 宇多子

SAKURAシステムを導入したきっかけは、出席管理・在園状況把握・延長保育の管理を分園分も含めて、本園で一元管理したかった為です。特に、当日登園している園児で今現在、園には何人在園しているか?を把握したかった事と、ある先生から 「延長保育の集計をはじめ、出席管理を行う為によいものがある」という紹介も頂き導入するに至りました。

藤保育園ただ、【紹介してもらう=必ず園に必要なもの】ではない為、まずは営業さんにシステム紹介をしてもらいました。これまで手書きで出席管理をしていた為、パソコンでどのようにして出席管理を行うのか、不安がありました。

藤保育園SAKURAシステムの説明をお聞きし、手書きでなくてはならないと思っていましたが、これまでの手書きの時代から、パソコンでシステム管理する時代がもう来たのだなと思いました。パソコンの使用はしていましたが、エクセルやワードとは違いデータベース管理という過去に遡り出席時間や欠席理由を調べ集計する手間が、これまでの作業と比べると何分の1にも省略された時間で行う事が出来る為、SAKURAシステムの導入を決意しました。

藤保育園導入した頃は、本園と分園とのネットワークの調整や、使用方法がわからない事はもちろん、はじめての事ですので正直本当に大丈夫なのかな?と心配でなりませんでした。その中、エステムの担当の方が物事を進め少しずつですが、現状把握しながら、保護者の方や保育士もタッチパネルの操作方法を理解しはじめ、今ではなくてはならないものとして活用させて頂いております。

藤保育園そして、一番の導入目的であった、分園を含めた本園での出席管理、当日の在園状況把握においても保育士が作業を行うにあたり飛躍的に作業効果が高まりました。その効果の中で、保育園本来の園児の保育により一層力を入れる事が物理的に可能になりました。

SAKURAシステムの担当の方も私たち同様、新制度の事を学び私保連の全国大会等に参加され、新しい情報交換できるのも付加価値として感じています。

一覧へ戻る

導入事例

手書きからシステム管理へ。無線環境での出席管理
社会福祉法人 育和白鷺学園
育和白鷺学園
園長 寺田 修
園児の保育により一層力を入れる事が可能になりました
藤保育園
社会福祉法人 幸聖福祉会
藤 保育園
園長 森 宇多子
保育計画・個別指導計画等の管理効果が高まりました
粉浜学園 園長星乃隆志様
社会福祉法人 粉浜学園
粉浜学園
園長 星乃 隆志
園児管理・諸費請求徴収業務の軽減が実現しました
社会福祉法人 豊中福祉会
条南保育園/ポレじょうなん
園長 植野
© 2019 estem, Inc.
資料請求・お問い合わせ